FXの魅力について

労働市場でのみ働いている方にFXの魅力について説明したいです。「記入市場にも挑戦してみませんか?」と。労働市場では体を動かして働いた時間分の賃金を受け取ります。しっかり汗を流して、辛いことにも耐えて、色々我慢してお給料をもらう。

確かにそういう風にお金を稼ぐこと自体を否定しませんし、多くの日本人が美徳としてきたところだと思います。
しかし、お金を預けているだけでそのお金が増えていくとしたらどうでしょうか?
お金自身が稼いでくれて資産をどんどん増やしていけたらどうでしょうか?そんな夢みたいな話が現実になるのが金融市場です。
もちろん、逆に資産が減る可能性もあります。
そういったマイナス面だけを気にして記入市場にチャレンジせずにチャンスを逃してしまうのは残念なことです。

金融市場には株式投資や暗号資産、FXなど色々あります。それらをきちんと勉強して仕組みを理解してチャレンジすれば全く怖いことなんてないのです。今では多くのサラリーマンが副業でFXをやっています。

インターネットで口コミでFXの良さや評判を聞くことができます。まずは、FXを知るところから始めてみましょう。
FXとはForeign eXchangeの略で、外国為替のことです。簡単に言うと、外国の通貨を売買することで利益を得る仕組みのことです。
例えば、1ドル100円のときに米ドルを購入して、1ドル110円のときに日本円を購入すれば10円の利益を得ることができます。
この利益のことを為替差益と言います。

また、逆に1ドル100円のときに米ドルを購入して、1ドル90円のときに日本円を購入すれば10円の損失となります。
この損失のことを為替差損と言います。

このようにFXは利益を得る仕組みなのですが、FXの良いところは上昇時でも、下落時でも利益を狙えるところにあります。
先ほどの例で言う米ドルと日本円について、買いポジションを取るか、売りポジションを取るかで、米ドルが上がっても下がってもそれに合わせて、買う、売るをすることで利益を得られるのです。通貨が対になっているためにできることです。またFXはほぼ24時間取引が可能です。

株式投資は日本であれば朝の9時~15時までです。ですので、銘柄を保有したまま15時を過ぎてからその銘柄の悪いニュースが流れた場合、次の日の取引時間までブルブル震えながら待つしかありません。しかし、FXならほぼ24時間取引が可能なため損失を最低限にすることが可能となります。

そして、流動性が高いことも魅力です。つまり、多くの取引が活発に行われているため、「売りたいのに売れない!」「買いたいのに買えない!」といったことがないのです。これは株式投資をやった経験がある人なら分かると思いますが、売りたいのに売れない!は本当にきついものがあるので流動性が常に高いのは非常に魅力です。
このように魅力に溢れたFXですが、詐欺まがいなこともあるのは事実です。

見知らぬLINEに誘導され、高額な顧問料を請求されてしまい「払った顧問料を返金できないのか」といった相談も後を絶たないようです。
ホームページには相談窓口もありますので、早めの問い合わせも大事です。FXを含めた投資は自己責任ですのできちんと勉強した上で実践することをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました